指導理念

チームスローガン


      Challenge to Possibility
           
〜 可能性への挑戦 〜
                         

     すべてのサッカー選手に平等にチャンスがあるわけではないかもしれない。
     しかし、すべてのサッカー選手は、とても大きな可能性を秘めている。
     FCみやぎはサッカーをする、全ての選手の可能性を開花させる努力をしたい、
     チーム強化が第一ではなく、選手一人ひとりがサッカー選手として、そして
     大きな人間性を兼ね備えた大人になる手助けをしていきたいと思っています。

活動理念・規範について

我々、FC みやぎバルセロナジュニアユース一同は、サッカ−スポ−ツ活動を通じて皆で、夢と感動を共有しサッカ−を楽しみ、健全な人間性の成長を願うとともに学問においても怠ることなく努力し、常に何事においても前向きに物事を考え行動していく選手を目指す。
溌剌とした健全な姿で、「いい人間が良い選手になり、良い選手が育まれれば良いチームになる」という活動理念を掲げ、この活動理念に基づいて私達はここにFCみやぎジュニアユースの活動規範を定めたい。
この規範はFC みやぎジュニアユースに所属している全選手・全コーチ・全スタッフなどが素晴らしい活動を目指し守るべきであると同時に、保護者の方々やメディアなどFCみやぎジュニアユースの活動を応援して頂ける全ての人々がこれを理解し尊重してくれることをクラブとして強く願ってます。私たちは活動理念や活動行動規範に基づいた規範を通じて、「素晴らしい感動・経験への価値」や「日頃の生活・行動・姿勢への価値」や「素晴らしい出会いへの感謝と価値」や「学問への努力の大切さ」などの価値をサッカ−を通じることで多面に学び、そのサッカーというスポ−ツに関わる自分自身の人生価値を豊かなものとし、他のチ−ムやスポ−ツに取り組む仲間達と共に力を合わせて平和で健全で純粋たる社会を築き上げていくように努力する。
 指導者は、選手達の限りない可能性を引き出す指導に徹し、将来の可能性を広げ行く指導に従事する事とする。また、地域で子供達の教育をするという観念から、各中学校と連携を取り、基本的な学校生活があり、当クラブでの活動という基本スタンスを確立する。

1.最善の努力

サッカー活動や日頃の生活やもちろん学問においても、いかなる状況にも最後までひたむきな姿勢を失うことなく全力を尽くして自分の役割を果たすことを目指します。

2.感謝と喜び

スポーツを通じて関わる全ての人々に、出会い・協力・理解・支援などあらゆる要素を含め、感謝と今ある環境への喜びを言葉と態度と心で示します。

3.責任ある行動

スポーツマンとして常に自己管理に努めるほか、それ以前にチームの一員として、社会の一員として自覚し責任ある態度と誇りある行動、発言をとります。

4.相手の尊重

チームメイトや関係者はもちろん、対戦相手やレフェリー、応援の方々など自分に関わる全ての人々に友情と尊敬と感謝の気持ちを持って接します。

5.ルールの尊重

サッカーのルールは言うまでもなく、社会全体のルールを守り、そのルールに定められた精神に沿った気持ちを持ち続け、尊重します。

6.フェアプレー

競技規則を熟知するとともに、フェアプレーの精神を理解し、ピッチの内外問わずあらゆる状況においてもフェアで清々しい行動と態度を心がけます。

7.勝敗の受容

勝っても、その一方で敗者の痛みがあることを忘れてはいけない。また、負けた場合においても、敗戦を誇りある態度で受け入れられる。勝敗は時には感動を抱き、時には我々スポーツマンを紳士に育ててくれる素晴らしいものである。

8.仲間の拡大

サッカー活動を通して出会いに感謝を持つことで仲間を多く増やすことに努める。

9.健全な体

サッカー活動を通して健全な心と体づくりに努める事で、より何事にもチャレンジでき取り組める健康で健全な体を育てる。

10.社会悪との戦い

暴力や犯罪、差別など人の迷惑になる行動やスポーツの健全な発展と活動を脅かす社会悪に対して、自分自身の責任ある考えと誇りを失うことなく断固として戦う。

11.大志を抱け

サッカー活動を通して、夢を抱き目標を抱き、その夢や目標を自分自身の心の財産とする事で何事にも向上心をもって取り組むことを目指します。

12.パフォーマンス

うれしい時は心から体全体で喜ぼう。悔しい時は次の喜びを願い、心より頑張ろう。自分自身の考えと夢に誇りを持って失敗を悔やまず、恐れず、常にチャレンジする前向きな考えと行動を目指します。

13.自立したスポーツマン

日々の生活面からサッカーへの取り組みにおいても青年らしい節度ある心身、発言、行動を望むと同時に、自分の意見を持ち、常に人の話を素直に聞けるスポーツマンを目指します。

14.ワン フォア オール・オール フォア ワン

どんな時にも、状況に応じた最良な判断と助け合いを望み、一人は仲間を思いやり、仲間は一人を大切に思いやることで、たとえ仲間が失敗しても互いに助け合い、協力し合える気持を持ち続けます

15.文武の両道

学問の努力を怠ることなく、スポーツ(サッカー)をより楽しみ健全に、いづれの一つにかたよることなく文武両道という努力を惜しむことなく夢ある忍耐力ある人を目指します。

16.観ている人に勇気と元気と感動を与えるサッカー

自分の夢や目標を明確に持ち、それに誇りを持って取り組み努力することで、常に観ている人に勇気と元気と感動を与える夢のあるプレーを目指します。
2017年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • サッカースクール
事務局 地図